ディクショナリーを効果的に用いる

最初に直訳はやめることにして、欧米人独特の表現をそっくり盗みます。日本人の思考回路で適当な文章をひねり出さない。普通に使うことの多い表現であれば、それだけ日本語の表現を置き換えたのみでは、こなれた英語になりません。

動画サイトのニコニコ動画では、勉強する者の為の英会話用の動画のみならず、日本の言葉やしばしば使われる常套句などを、英語でなんと言うかを取りまとめた映像が掲載されています。

有名なYouTubeには、教育を主眼として英語学校の教官や指導者のグループ、外国の一般人などが、英語を習っている人向けの英語の学課的な便利な動画を、数多く掲載しています。

最もメジャーな英語能力テストであるTOEICの考査を考えているならば、スマホ等のソフトウェアの『TOEIC Repeat』という訓練プログラムが、リスニング能力の向上に非常に効果があります。

英会話により「ある事柄を学ぶ」ことで、ただ英語を勉強する場合よりもエネルギーをもって、学習できることがあります。自分にとって、興味をひかれる方面とか、仕事に関連した方面について、ネットなどで動画を探索してみましょう。

 

「英語力を要する国に行く」とか「外国人と知り合いになる」とか「英語圏の映画や、英語詞の音楽や英語でニュース番組を観る」等の多くのやり方が存在するが、とにかく単語自体を2000個くらい覚えるべきでしょう。

英会話というものにおいて、聞き取りが可能だという事と話すことができるという事は、決まった状態にだけ用いることができれば良いわけではなく、あらゆる全ての話の展開を網羅できるものであることが必須です。

言うまでもなく、英語学習という点では、ディクショナリーを効果的に用いるということは、大変有意義なことですが、実際の学習の場合に、第一段階で辞書そのものに依存しない方がいいのではないでしょうか。

役割や多彩なシチュエーション等の主題に合わせた対談によって英語での対話能力を、英語の放送や童謡、童話など、多種多様なアイテムを使用して、ヒアリング力を手に入れます。

おしなべて英和事典や和英辞典を利用すること自体は、もちろん大切だと言えますが、英会話の勉強の初級の段階では、辞典に頼ってばかりいない方がいいと思います。

 

アメリカのカンパニーのコールセンターというものの多くの部分は、アメリカではなくフィリピンに設置されているのですが、電話で話しているアメリカの人達は、先方がフィリピンで電話を受けているとは予想だにしないでしょう。

ユーチューブや、WEBで利用できる辞書とかSNS等を使うことによって、国内にいながら難なく英語にどっぷり漬かった状態ができるし、とても効率的に英語を学習することができます。

アメリカ英語を話す人と対面する局面はよくあっても、フィリピン、カナダ、シンガポール等の人々の話す英語など、いかにも発音が訛っている英語を聞き取る練習をすることも、なくてはならない英語の技能の大切な条件なのです。

総じて文法というものは不可欠なのか?といった討論は頻繁に行われているけど、自分の経験からすると文法を理解しておけば、英文読解の速さが急激に上昇しますから、先々で苦労しなくて済みます。

いわゆるコロケーションとは、大体揃って使われる言葉同士の連語のことを意味していて、ナチュラルな英会話を話したいならば、コロケーションそのものの学習が、大変重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です